本文へ移動
更新日 2021年7月27日

マスクの寄贈について(御礼)

NEW
この度、一般財団法人国際文教慈善基金会様よりマスク1万枚をご寄贈いただきました。
国際文教慈善基金会様に心より感謝申し上げます。

ご寄贈いただいた「マスク」は、各都道府県肢連事務局宛に発送いたしました。
ご活用いただければ幸いです。
全肢連 事務局

小山田圭吾氏が行った「障害のある方への虐待行為」に対する抗議

全肢連は、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会 橋本聖子会長に、下記抗議文を提出いたしました。

小山田圭吾氏が行った「障害のある方への虐待行為」に対する抗議

 私たちは、障害のある児童・者を慈しみ育て生活をともに支え合う家族父母の会です。
 東京2020オリンピック・パラリンピックは障害のある人たちがスポーツを通し健常の人たちと共に切磋琢磨し、たゆまぬ努力で目標に向かい「共生社会の実現を目指す大会」であると信じています。

 世界的なコロナ禍の中、7月23日にオリンピックの開会式を迎えようとしております。
 このような時期に判明した、開会式の楽曲を担当する小山田圭吾氏が小・中・高校の時代に行った、障害のある生徒に対する不法な「苛烈ないじめ・陰湿な虐待」行為は、小山田氏が公式サイトで謝罪をしただけで済ませるほど軽微なものではありません。

 理由として94年1月「ロッキング・オン・ジャパン」、95年8月「クイック・ジャパン」に障害のある生徒に「苛烈ないじめ・陰湿な虐待をしたことを自慢げに語っていた」その姿勢に問題があります。
 先週この記事を掲載した、ロックオン者の編集長は『インタビュアーとしての姿勢、掲載した編集長としての判断、いじめに対する倫理観や真摯さに欠けていたことを謝罪するとともに、その責任はこれからも問われ続け、その責任は引き受け続けなければならない』と声明文で被害者の方及びご家族の皆さま、記事を目にされた不快な思いをされた方に深くお詫び申し上げますと謝罪声明をだしております。
 雑誌社の編集長までこの事実の重さを感じているにも拘らず、小山田氏本人は開会式の楽曲者として辞任することなく仕事を続けることは、当会として是認することはできません。
 これら事実が判明した以上、国民待望のオリンピック・パラリンピックに拭いきれない汚点を残すことは言うまでもないことです。

 武藤敏郎事務総長が7月17日の会見で「小山田さんが謝罪されたのを、わたくしどもも理解しました。彼は現時点で十分に謝罪し反省をしている。我々は当初、そういうことを知らなかったのは事実だが、小山田さんに引き続き、貢献していただきたいと考えている」とコメントしておりましたが、障害福祉団体として非常に残念ではありますが、組織委員会の名の下、小山田圭吾氏に直ちに辞任いただくことを求めます。

 令和3年7月19日

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会
 会 長  橋本 聖子 様

一般社団法人全国肢体不自由児者父母の会連合会
会 長 清水 誠一

第1回「あ~と展覧会」2021 作品募集

応募期間:7月15日(木)~9月15日(水)

「グラフィックアート・コンテスト」がリニューアルいたしました。 
障害のある方なら誰でも応募できます。(年齢・障害種別は問いません)
オリジナル作品であれば、作品の制限もありません。

作品のご応募をお待ちしています。

 ※ホームページより応募できます。

第54回全国大会(東京大会)について

参加申込について

★来  場  参  加  申 込:6月1日(火)~ 7月20日(火)※「来場参加」申込みは終了しました
★オンライン参加申込:6月1日(火)~ 8月10日(火)


【問合せ先】
  東武トップツアーズ㈱  03-5345-3780
  東京都肢連       03-5956-3335  /  全肢連   03-3971-3666

全国大会メイン会場の変更のお知らせ

大会会場の東京都大田区産業プラザPiO「大展示ホール」が大田区の新型コロナ対応ワクチン大規模接種会場となるため、メイン会場が変更になりました。

大田区産業プラザPiO
 「大展示ホール」 → 「特別会議室」他

全肢連情報 発行

NEW
全肢連情報 742号(7月15日号)を発行しました。

【目次】
 ・公共交通事業者の待遇ガイドラインを制定
 ・障害者GHの4割が重傷者 法的再編は不可避
 ・障害者差別解消法 基本方針を来夏改定
 ・土砂災害から身を守るためには
 ・オンラインコンサートのお知らせ
 ・事務局より  ほか


※毎月1日・15日に最新情報を配信しています。
0
5
9
4
0
1
TOPへ戻る