本文へ移動

JKA補助事業

このたび公益財団法人JKAより、競輪公益資金による令和2年度補助金1,683,356円を基金とする下記の事業を完了いたしました。ここにご報告を申し上げるとともに、謹んで感謝の意を表します。


1.事業名

 「令和2年度障害のある人が幸せに暮らせる社会を創る活動補助事業」

 

2.事業内容

 ①障害児者と家族、支援者のための指導誌と機関誌の発行

 ②障害児者と家族、支援者の地域交流と療育訓練事業

 ③在宅で生活する障害児者のQOL向上に繋げる地域セミナー

 

3.事業費総額

 2,260,000

 

4.実施場所

 北海道、東京、石川

 

5.完了年月日

 令和21222

指導誌の発行

JKAの活動報告やアンケート調査、その他活動報告など最新の情報を提供しています。
 
・「いずみ」年2回 6月、12月
・「療育ハンドブック」年1回

療育キャンプ&社会参加体験事業

1.社会的自立心を芽生えさせるために集団生活を体験し社会的向上を図ります。
2.肢体不自由児者への負担を少なくする介護方法を療育訓練で、医師及び学識経験者、専門指導員等から学び保護者が習得する。また学んだ内容を地域に普及することで負担軽減を図ります。
3.障害者と家族、支援者(ボランティア)相互の交流・情報交換を図る。地域との交流も視野に入れた事業とすることで障害に対する正しい知識普及と、支援者育成。障害者とその家族の地域での孤立を防ぎます。
 
・日帰りキャンプ
・1泊2日               

指導者育成セミナー

父母の会の保護者を対象に毎年テーマを変え制度や仕組みについてセミナーを開催しています。講義を通して意見交換をすることで新たな発見や考え方を知ることもでき、疑問に思ったことをその場で聞くことができます。セミナーで得た成果を地域で活用していくことで、地域の父母の会の活性化にもつながり、育成強化に関する知識の普及を目的としておこなっています。
 
年7回(北海道、東北、関東甲信越、東海北陸、近畿、中国四国、九州)
TOPへ戻る