本文へ移動

沿革

昭和36(1961)年
戦後各地で発足した肢体不自由児父母の会組織を結集し、全国組織として「全国肢体不自由児父母の会連合会」を結成。結成大会には24都道府県が参加。
昭和39(1964)年
第1回全国大会を開催。参加者600名。
昭和46(1971)年
結成10周年記念大会。県肢連組織42に。
昭和48(1973)年
“身障者を海外へ”をスローガンに第1回「翔んでる仲間」ハワイツアーを実施。
昭和50(1975)年
事業部を設置。
昭和55(1980)年
厚生省より社団法人認可。「社団法人全国肢体不自由児(者)父母の会連合会」に改称。
昭和56(1981)年
結成20周年記念大会を開催。県肢連組織45に。
昭和57(1982)年
韓国脳性麻痺福祉会と姉妹結縁を締結。第1回タイプアートコンテストを開催。
昭和58(1983)年    
社団法人全国肢体不自由児・者父母の会連合会に改称。県肢連組織46に。
昭和60(1985)年
全国47都道府県組織となる。
昭和61(1986)年
結成25周年記念「国際親善交流キャンプ」を全国5ヶ所で開催。(7ヶ国・485名参加)。
昭和62(1987)年    
第20回記念全国大会を開催。
平成2(1990)年
中国残疾人聯合会と友好関係締結。
平成3(1991)年
「肢体不自由児者に対する総合支援事業」開始。
平成4(1992)年
中国より研修生受入事業を実施。
平成6(1994)年    
総合支援事業としてファイナンシャルプランニング事業を開始。
平成8(1996)年
結成35周年を記念し高齢化社会における障害者と家族への支援・調査研究事業を開始。
平成13(2001)年
結成40周年を迎え、記念大会を東京国際フォーラム、祝賀会を東京會舘において挙行。
平成14(2002)年
日韓姉妹血縁20周年並びにワールドカップ共催を記念し相互訪問による国際交流事業を実施。
平成15(2003)年
「翔んでる仲間」催行30周年を迎える。この間延べ16ヶ国に催行62回を数え1600余名が海外へ。
平成18(2006)年
結成45周年を迎える。
平成23(2011)年
結成50周年を迎える。
平成24(2012)年
内閣府より一般社団法人認可。「一般社団法人 全国肢体不自由児者父母の会連合会」に改称。
TOPへ戻る