本文へ移動

公益財団法人日本財団助成事業

  「重度障害者対応共同生活援助の支援体制の在り方」検討事業  
 
一般社団法人全国肢体不自由児者父母の会連合会は、日本財団の助成を受けて、「重度障害者対応共同生活援助の支援体制の在り方」検討事業を実施します。
この事業は、重度障害者(医療的ケアのある方を含む)の現在の支援状況(在宅生活並びに共同生活援助)を調査・検証して支援のあるべき姿、当事者のニーズを明らかにし、事例ワークショップを通して、関係者だけでなく、地域一般の方々に重度障害者(医療的ケアのある方を含む)の支援のあるべき姿を広く周知し、地域で暮らしていく意義を共有することを目的としています。 
各地域での支援のあるべき姿を具現化し、全国で共通した支援体制構築を求め障害福祉サービス等報酬改訂に向けての基礎資料としても活用してまいります。
0
9
7
7
2
5
TOPへ戻る