本文へ移動
第1回「あ~と展覧会2021」
Web展覧会 開催中
障害のある人も、ない人も
「こころ健やかに、こころ豊かに暮らす社会へ!」 
~地域で”笑み・ゆとり・彩りある“生活~
一般社団法人全国肢体不自由児者父母の会連合会(全肢連)は、障害児者とそのご家族の福祉の向上と、
住み慣れた地域で安心安全に心豊かに生活できる環境作りに寄与することを目的に事業を行っています。

全肢連情報 発行

2022年5月17日更新

全肢連情報 760号(5月15日号)を発行しました
【主な記事】
・厚労省(案)「一般雇用の障害者、就労系サービス併用に期限」
・厚労省「障害者雇用 短時間勤務を特例算定」
    「施設とグループホームを外部評価」
    「オミクロン株の新系統「BA・4」と「BA・5」国内で初確認
・全社協「災害福祉センターを」構想盛り込んだ報告書
・福祉専門職議連が児童虐待をテーマに議論
・東日本国際大「介護のDX推進人材を育成VR・AR活用した教材開発も」          
                        ほか
※毎月15日に最新情報を配中

★お知らせ★ 全肢連情報 発行回数について

2022年3月16日更新
令和4年度から これまでの月2回から 月1回に変更になります。
令和4年4月以降の配信・掲載・配布は 毎月15日となります。


令和5年度心身障害児者に関する要望事項の提出について

2022年4月1日更新
例年、全肢連から行政等に提出しております心身障害児者に関する要望について。
各都道府県肢連事務局宛に要望事項の提出依頼文書をお送りしました。
詳細につきましては、各都道府県肢連事務局もしくは全肢連事務局まで問合せください。

「全国医療的ケアライン」が発足されました

2022年3月30日更新
2022年3月27日(日)各地で桜が満開になる中、
全国に暮らす医療的ケア児者とそのご家族、福祉や医療関係者などの支援者が中心となり
「全国医療的ケアライン」(愛称:アイライン)が発足されました。
47都道府県を一つに束ねた全国ネットワークが旗揚げされ、医療的ケアが必要でも
笑顔で日常生活、社会生活を送ることができる「インクルーシブ社会」の実現に向け
全国レベルで活動していく第一歩を踏み出しました。

私ども全肢連も発足趣旨に賛同し、全国医療的ケアライン加盟会員の皆様をはじめ、
支援の各障害者団体との連携を密に全力で課題解決に向かいます。

同日開催された旗揚げ式典の模様はYouTubeで視聴できます
全肢連 顧問 衆議院議員 野田聖子先生がスペシャルゲストで参加されています

機関誌「わ」143号を発行しました

2022年3月23日更新
コカ・コーラ社 助成事業
機関誌「わ」143号(3月20日号)を発行しました♪

●第1回あ~と展覧会 報告
●さわやかレクリエーション 事業報告
●アステラス製薬 フライングスター基金 贈呈式

第1回「あ~と展覧会2021」 Web展覧会 開催中!!

2022年1月28日更新

第1回「あ~と展覧会2021」へご応募いただきありがとうございました。全国より寄せられた500点をこえる応募作品の中から26作品の受賞が決定しました。

ご応募いただきました全作品のWeb展覧会を開催しています。
個性あふれる作品たちをぜひご覧ください。

指導誌「療育ハンドブック」発行

2021年12月17日

JKA補助事業
指導誌「療育ハンドブック」47集を発行しました。

『シーティングで変わる障害児者の未来
~変形・脱臼・褥瘡などの二次障害を障害児者だからとあきらめていませんか? 姿勢の改善で様々なことが可能になります~』

執筆者:山崎 泰広 氏 
(株)アクセスプランニング シーティング・スペシャリスト
 (一社)日本車椅子シーティング財団 理事

正しい姿勢で生活することは心身の健康を保つためにとても大切なことです。
障害があるから二次障害が生じるのではなく、障害があることで正しい姿勢がとれなくなり、その悪い姿勢によって二次障害が生じます。
本誌をご希望の方は全肢連事務局まで問合せください。

福祉支援自動販売機について

父母の会会員ページに
「福祉支援自動販売機」を新たに開設しました。

「福祉支援自動販売機」について、設置までの流れや設置後についてを解説しています。

※「知らないと損する⁉福祉支援自動販売機ガイド」もダウンロード
 可能です。

※父母の会会員ページへのアクセスに関しましては、全肢連若しくは、
 都道府県肢連にお問合せください。
0
8
6
2
2
2
TOPへ戻る