本文へ移動

「ビッグ幡 in 東大寺」作品募集のご案内

奈良県では、毎年9月~11月に「奈良県大芸術祭・奈良県障害者大芸術祭(Nara Arts Festival)」が開催されています。
そのイベントの一環として、全国の障害のある方の作品でカラフルな「幡(ばん)」を制作し、東大寺大仏殿前に掲揚する「ビッグ幡 in 東大寺」の作品募集が始まりました。
今年は、集まった作品の中から64作品を選考会で選び、デザイン布地に仕立てて大きな「幡」を製作します。あなたの作品が東大寺大仏殿前ではためくかもしれません。
本芸術祭の推進会議委員に奈良県肢連会長も参画しています。
※「幡(ばん)」とは、寺院の重要な法要の時に使われる「旗」のことです。仏や菩薩を荘厳・供養するために用いられ、平和を祈る魔除けの意味があると言われています。

ダウンロード

TOPへ戻る